記事詳細ページ

2/14 小児がん患者支援金贈呈式およびプロジェクトの結果報告(2023年分)!

2/14 小児がん患者支援金贈呈式およびプロジェクトの結果報告(2023年分)!:画像

- PDFファイル [seikatokonngonohoukousei.pdf]

2/14(水)ボランティアサークル「nicoこえ」は、県内各地から集まった小児がん患者支援金1,034,636円(2023年分)をお届けするために山形大学医学部を訪れました。

そして、山形大学大学院医学系研究科医学専攻(博士課程)小児科学講座の三井哲夫教授へ、『山形レモネードスタンドプロジェクト』のプロジェクトリーダー(東海大山形高校3年)平田寧々さんから目録が贈呈されました。

 

小児がん患者支援金(2023年分)の内訳は、

『山形レモネードスタンドプロジェクト』→1,002,596円

『Lemonbowプロジェクト』→32,040円

2つのプロジェクトの合計は 1,034,636円になります。 

※70以上の学校、サークル、団体、企業、その他多くの個人の皆様からレモネードスタンドを開催していただき、587ケース(14,088本)のペットボトルを販売しました。(寄付金額:1,708円×587ケース)

※▲哀蝓璽鵐癲璽訶憩絃ε抗垢痢峅杙匯 大坂屋」とのコラボ商品『もちこ』1,602個を販売しました。(寄付金額:20円×1,602個)

『山形レモネードスタンドプロジェクト』の成果と今後の方向性については、上記PDFをご覧ください↑

 

支援金は、小児がんの研究費にあてられる他、付属病院小児科病棟にあるプレイルームの環境整備(おもちゃの購入等)への活用を検討されています。

 

・小学3年生の頃、自身も小児がんを患っていた平田寧々さん